《小さな旅から国際文化交流まで》をモットーに、JFFスタッフ一同、安心と信頼のおけるきめ細かな旅行の手配を心がけています。JFFの事業の柱は『日本の祭典』です。《国際文化交流》を通して一人でも多くの日本ファンを増やし、感謝の心で社会貢献を目指す名古屋の旅行会社です!
052-413-8200 〒453-0055 
名古屋市中村区香取町1丁目29番地
 琴城会館内

それ行け添乗記2-⑵ドバイの観光

みなさん こんにちは!

前回の「それゆけ!添乗記②」ではドバイ万博の会場内の様子をお届けしました。

本日はドバイで訪れた観光箇所についてお送りします!

ドバイの観光

観光地はどこもそこそこの人の量でした。

ガラガラでも無いし、それといって混雑しているわけでもなく、スムーズに観光したいのであれば丁度よいくらいだったと思います。

万博会場内の方が断然混んでました!

《ドバイフレーム》

まず初めに2018年に完成したばかりの「ドバイフレーム」です。

ドバイでは至る所に世界一の〇〇があり、ギネスの認定証があります。

ドバイフレームもそのうちの一つ、2019年5月に「額縁の形をした世界最大の建造物」としてギネス世界記録に登録されています。

両端の縦長の部分はエレベーター、上の部分は展望台です。下の部分はグッズ売り場と、建設に関する写真の展示などがあります。

展望台は南側に新しいドバイの街並み、北側に古い街並みが見えるようになっており、見る方向だけで雰囲気がガラッと変わるので面白いです。

ちなみに展望台エリアの中心部は足元がガラスになっていて地面が見えるため、その高さにヒヤヒヤします。

天井部にカメラがあり、人が居ないと白色に変わり、下が見えないようになります。そしてガラスの上に人が乗るとパッと透明に変わります。

カフェもあり、景色を見ながらゆっくりできるスペースになっています。

《ゴールドスーク》

ゴールドスークは、名前の通り金が売られている市場のことです。

商店街のようなところに金を取り扱うお店がびっしり並んでいるので、右見ても左見ても金です。

近寄りがたくて見るだけになってしまいました。

ここにもギネスに登録されているものがあります。

世界一大きい金の指輪

指に着けられないのに指輪と言えるのか怪しいところではあります…。

《ブルジュ・ハリファ》

こちらもまたギネス世界記録に登録されている観光スポットです。

ギネスには「自立した最も高い建設物」、「最も高い超高層ビル」など建造物についてだけでも様々なカテゴリがある中、このブルジュ・ハリファはすべてにおいて世界一としてギネス記録に登録されているようです。

ドバイモール》

このショッピングモール、想像できないほど大きくなんでもあります。アイススケートのリンクが二か所、水族館があります。

何故か博物館のような恐竜の骨の展示なんかも?

お店もたくさんあるので、館内マップが冊子みたいになっていました。

私の大好きなスターバックスはなんと四店舗。私は何とか三店舗確認できました。

日本からはダイソーや、モロゾフ、無印良品が入っていましたよ!

旅行先で日本の企業や製品を見るとなんとなくホッとしますよね。

ちなみにダイソーは百円ではありませんでした、確か日本円で300円とか200円くらいのお値段でした。

《ドバイファウンテン》

ブルジュ・ハリファ、ドバイモールから徒歩でアクセス可能な噴水。

水を噴出する音が爆発音のようでした。そしてその爆発音に負けないようなボリュームで流れるBGM。

私が見た時はオペラが流れておりましたが、いろいろな音楽が用意されているようで何度見ても楽しめそうですね。

ショーを楽しみながら食事がとれるレストランもドバイファウンテンの周りにはいくつかありますので、ゆっくり楽しみたい方はそちらがオススメです。

ドバイはやはり夜景が綺麗!ということで最後は夜景で納めましょう。

ちなみに右の写真に映っている観覧車もギネスに登録されています。

《アイン・ドバイ》

世界一大きな観覧車です。

高さ約250m、ゴンドラは48台、一周するのに40分弱するそうです。

誕生日や結婚式で使えるように貸し切りにできるゴンドラも用意されているようです。

これはちょっと乗ってみたかったですが、またの機会ということで!

さて、今回はドバイの観光スポットを一部お届けしました!

今回の渡航だけでは紹介しきれなかった観光スポットもたくさんありますので、渡航が再開した暁にはぜひともドバイへ行ってみてはいかがでしょうか。

ご質問、お問い合わせなどはHPの問い合わせページ、またはお電話にてお待ちしています!